Early Foreign Visitors to Shizuoka

Early Foreign Visitors to Shizuoka

Hello and welcome my blog on foreign visitors to Shizuoka in the second half of the 19th century.  This blog forms part of a research project sponsored by the Suruga Institute.  The aim of the project is to uncover early foreign experiences in and perceptions of Shizuoka through an analysis of contemporary travel diaries, journals and letters.  Many foreigners visited Shizuoka in the second half of the 19th century usually as tourists and, fortunately for us, many left a permanent record of their trip in the form of published (and unpublished) travel diaries, journals and letters.  It is from these contemporary sources that I hope to bring to life the experiences of early foreign visitors to Shizuoka.

こんにちは、そして私のブログにようこそ! このブログは19世紀後半に静岡県を訪れた外国人についてのものであり、財団法人企業経営研究所の助成を受けての学術探求の一端でもあります。この探求の目的は、旅行記や学術機関紙、手紙を分析することによって開国当初の外国人たちが、静岡県で経験したことや印象に残ったことを解明することです。幕末から明治初期において多くの外国人が、通常は旅行者として静岡県を訪れました。そして私たちにとって幸いなことにその多くは、旅行記や学術機関紙、手紙などの形で出版物として(未出版物もありますが)後世に残されました。これらの当時の情報に焦点を当てることにより、19世紀後半に静岡県を訪れた外国人が経験したことを蘇らせたいと思います。

I’ve organized the blog into pages with each page focusing on the experience of one traveler.  The travelers include famous visitors such as Commodore Perry and Townsend Harris and also less well-known visitors such as Edward Warren Clark (an oyatoi gaikokujin who ran a science school in Shizuoka in the early 1870s) and Mary Pruyn (the first western women to visit Shizuoka city).

このブログは、メニューの中の一つ頁に一人の旅行者の経験をまとめるという形で配列しています。旅行者は、ペリー提督やタウンゼント・ハリスのような著明者も含まれます。また一方で、エドワード・ウォーレン・クラーク(1870年代初頭、静岡市で科学技術専門学校に携わったお雇い外国人)やメアリー・プルイン(静岡市を訪れた初めての西洋人女性)のような、あまり知られていない旅行者も登場します。

As well as the writing the blog, I intend to create a downloadable resource pack on early foreign visitors to Shizuoka for use in schools.  I also hope to publish part of the research in an academic journal.

このようなブログの形態をとることと同様に、“幕末から明治初期に静岡県を訪れた外国人”の情報をセットにしてダウンロードできるようにし、各学校で活用してもらえるようにしていきます。また、この探求の一部は、更なる研究をまとめた学術書として出版されるように動いています。

The English language pages on the first three authors can be found here:

初めの三人の旅行者についての項はこちら。

Commodore Matthew Calbraith Perry

Townsend Harris

William Maxwell Wood

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s